リゲルグ 3

珍しく、連日の更新です。

だから、雨が降ってんのか?



さて、なぜだか、最近アクセス数が増えてます。

何故?

メチャ上手な人のブログなら判りますが・・・

もしかして、初心者の人が「親近感」とか?

んなこたー、ねーか(笑)


でもって、一時、とあるワードで検索された方が増えました。


そのワードは・・・

ギャン です。


おそらく、ガンプラビルダーズ(でしたっけ?)の影響なんでしょう。

アニメで活躍(?)する。

見た人が、ギャンを欲しくなって買う。

作ってみる。

コレじゃない感。

で、ネットで検索。

こんな流れなのかなーと思ってます。


・・・スンません、完成してなくて(汗)

アレって、時間かかりそうなんですよ(滝汗)

合間合間で少しづつでも進めたいところですが、
締め切りに追われまくってるんで、何時再開できるのやら・・・


で、本題のリゲルグですが、

・・・

なんだか、ゲルググの製作記になってますね(大笑)

早くリゲルグになりたい(笑)


以下本題。




さて、前回までに、ヒザが終わってます(アトハメが)


とゆー事で、モモです。


リゲルグ (25)

右モモ。正面パーツ。



リゲルグ (26)

同じく、背面パーツ。



工作前の写真、撮り忘れました(笑)




モモのアトハメは簡単に済ませました。


リゲルグ (27)

おわり。



って、何が何やらですが、

加工中の写真も撮り忘れ(笑)



リゲルグ (28)

こう、くっつく訳ですよ。






リゲルグ (29)

股関節軸とくっつく場所、上側のみ接着済み。



リゲルグ (30)

ヒザのダボピンと、モモのダボピンで保持する訳です。




リゲルグ (31)

接合面をただ、段落ちモールドにするのも味気なかったんで、

今時のパネルライン風にカットしました。

ここから先の加工は、アトハメ工作が終わってからですねー。



リゲルグ (32)

ヒザ関節とくっつくと、こんな感じ。




リゲルグ (33)

こう付きます。

これ、奥まで「パチン」とはめると、

外すのが大変なので、ここまでしか入れてないだけです。


コレで、足のアトハメ終了かな?

リゲルグ (34)


なんだか、順調な気がする?




次にスカート部ですが、

アトハメの用事もないので、パチ組。




で、

胴体になる訳ですが・・・


少しS字立ちさせたい訳ですよ。

すると、

お腹部分に加工したい訳ですよ。



よく見かけるやり方は、
リゲルグ (35)
こうですね。

緑の線部が長くて、黄色の線部が短い。


んですが、

どうもしっくりこない(汗)


ので、


こうします。




リゲルグ (36)

黄色の線部を延ばして、緑の線部を短くする。










で、

やってみました。



リゲルグ (37)

ちょっとカラフルなのは、目を瞑って下さい(笑)


リゲルグ (38)

腰とスカートの間に2mmのプラ棒を噛ませました。


リゲルグ (39)

そこを後ろ側が0になる様に斜めに削り込み、

ひとまずOK。




リゲルグ (41)

底面から見るとこんな感じ。

スカートとの接続用のポリキャップは、キットのモノを利用。

基部はプラ板でこさえました。






リゲルグ (40)

向かって右が底面。


で、向かって左側ですが・・・


胸をそらすと、長さが足りなくなるので、延長したんですが・・・・・・・・


・・・


プラ棒使って、裏側を瞬着。

キットとプラ棒は、流し込みの接着剤で。


・・・・・


完全乾燥まで、待てませんでした(大笑)




ゴリゴリ、ヤスリで削ってイクわけですヨ。



するとですね、

加工したところが、惨状になる訳ですな(高笑)



で、

ムキー!ってなったところで、

ヒートペンの出番。


またしても、ランナー盛り盛り。




なんとゆーか、いつも通りになって来ましたヨ?


リゲルグ (42)

コンだけ盛りました。



元々、キットよりも少し細くしたかったんで、

削る分を見越して、少し厚めに盛りました。



リゲルグ (43)

上から見るとこんな感じ。



リゲルグ (44)

惨状だった、背面にもモリモリ。




リゲルグ (45)

左前側も惨状から復旧。


軽く整形して、

胸パーツとすり合わせ。




リゲルグ (46)

うん。

ちょっといい感じ。



リゲルグ (37)

パチ組と並べて。

2mmくらい、かさ上げしてますが。

キットと高さを変えてません。

そういえば、足首でも2mmかさ上げしてまいたねー。


あまり高さが変わらない理由は、

ヒザが逆に反ってるからです。

いわゆる、鳥足。

ただ、キットのままだとヒザがあたって、反らせません。

ので、そのうちにヒザはその様に加工します。

アトハメ終わらせて、バランス見ながらねー。




サーて、今夜はお腹と胸をくっつけようかな。







ホイホイさんアンケの状況は、


マクロス:ミリア
ボトムズ:テイタニア
ナディア:ナディア +1
999(?):エメラルダス
999:メーテル
俺妹:あやせ
コードギアス:C.C.
コードギアス:ユーフェミア
とある:インデックス
SEED:ラクス
SEED:ナタル
ニャル子:ニャル子
化物語:ガハラさん
とある:黒子
艦これ:島風
艦これ:金剛
山下しゅんや:セラ
エルガイム:ポセイダル
ボカロ:ミク
艦これ:長門

最近、変わらず。


頑張って、リゲルグを早く終わらせたいですね。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱりランナー盛りしちゃうわけですねww

接合部のピンは斜めカットしておけば、取り外し楽ですよ。

最後は接着だと思うので。

すげぇw

こんばんは!
やっぱりすごいやw

私は今月発売のRGをパチ組するのを楽しみにしてますw
これだけできると楽しそうですね。
どんどん出来上がっていくのが見ててワクワクします!
ではでは!

No title

イイですね~、S字立ち。
腹部の加工は、効果が絶大になりそうですね。
いいな~。カッコよさそう。

ちなみに、モモへのヒザ関節の組み込みですが・・・
僕は、モモ側のピン受けをコの字に切り欠いて、
下からスライドしてはめ込むようにしました。
参考までに。

それと、ヒジの挟み込みのために行った工作の記事を
僕のブログにアップしました。
すっかり、すでにアップしたつもりになっていました(汗)

ただ、あの工作はアトハメと呼べるかどうか・・・
それに、リゲルグのヒジの曲がり方は、
ゲルググと向きが90度違っているので、
参考になるか怪しいですが、一応ご連絡まで。

では、頑張ってください。

ミケモ さんへ

やっぱり盛りました(笑)

あんまりピンカットはしたくないんですよねー。
穴側をピンバイスで広げる事なら有りますが・・・
接着するなら、どうでもよいんですが、
アトハメ部は、細かい部品以外、接着したくないのが本音です。

何かあった場合、外せるようにしたいんですよー。
壊れたら、直しやすいように。

ヒデ王 さんへ

どもー。

上手い人は、もっとすげぇッスよ?(笑)

パチ組なら、一晩有れば終わりますが、
いじり始めると、なかなか完成しません。

労力に見合うかどうかは・・・腕次第ですねー(笑)



冬弥 さんへ

うーふーふーふーふー。

言わなければわからない工作になりつつありますよ(大笑)

たぶん、色塗ると、気づかないと思います(笑)


モモのアトハメの切欠きですが、接着なら気にしませんが、
アトハメ部は極力接着したくなくて・・・

腕、UPありがとうございます。
参考になるなー。

リゲルグの肘関節って、
いわゆる、ガワラ肘っしょ?

普通につけるつもりです(笑)

ガワラ肘の場合、完全に作り直しじゃないですか(笑)

No title

連コメすみません。

前のコメで述べたかったのはガワラヒジの話ではなくて、
前腕側面についているユニットの位置が
ゲルググとリゲルグで90度ずれている、
と言うことをお伝えしたかったのですが、
ヒジ関節って言ってしまったので、わかりにくくなりましたね。
説明下手ですみません。(_ _)’’’

設定画でみると、ゲルググは‘プリン’が内側(胴体側)で、
ユニットは外側(側面)にあります。
対するリゲルグは、‘プリン’は背面側にあり、
ユニットはゲルググと同じく外側(側面)です。
つまり、ユニットの位置が見た目的に90度ずれている
ことになるのです。

キット間のユニット移植工作だけなら関節を生かしつつ
できると思いますが、
リゲルグのキットのボックスアートの‘左腕’のような
曲げ方をしようと思うと、無理が生じてきます。

まぁ、このような曲げ方ができなくても
ヒジは動くわけですから
この画を無視すればいいだけなんですが。

・・・と、
前回のコメントの‘ヒジが90度うんぬん’っていうのは、
こんなことをお伝えしたかったのですが・・・
サッパリわかりませんよね、あれじゃ。
本当に失礼しました。

あ、それと・・・
リゲルグのバインダー内のメカ設定画は
リゲルグのキットの説明書に載っていますよ。
専用ビームライフルの画も。
キットをお持ちなのでご存知とは思いましたが、
老婆心からご報告まで。


長文コメント失礼いたしました。

冬弥 さんへ

いえいえ、大丈夫です、理解してますよ。

当時モノって、ボックスアートも、
もちろんガワラセンセも関節があらぬ方向に曲がってます。
スコープドッグのイラストなんて、曲がらない方向に90°以上曲がってます。



実際のリゲルグキットの関節もグレネードランチャー側がいわゆるヒジです(ザクとかの黒い部分)

グレートメカニックのゲルググ号に載ってるリゲルグのヒジ関節が、
関節としてしっくりくるので、
今回はグレートメカニック付けで作ろうと思ってます。


で、さらにガワラ曲げまでさせようとすると、
ヒジ関節のスクラッチになるので、ちょっと避けようかと(汗)

ボールジョイントで曲げれば近くはなると思いますが、
ジョイントむき出しはちょっと・・・

バンダイ製品はプリン側には曲がりませんが、
当時のイラストって、プリン側に曲がっているのが結構ありますよねー。


No title

いいですね!

日々の さんへ

ありがとうございます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
フリーエリア
free counters
QRコード
QR
RSSリンクの表示
プロフィール

SVX.

Author:SVX.
おっさん。
多趣味、模型・SVX・釣り等







バナーです。



プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
たまに投稿してます。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
フリーエリア